歯科・口腔外科Q&A

【親知らずについて】

Q:親知らずの上下2本を同時に抜いてもよいか?

A:上下の抜歯は同時でなく、別々に抜いた方が、からだに対や痛みの負担が軽減される   
と思います。

Q:親知らずが、奥歯を真横から押すように生えているために、歯ぐきの炎症が起こるので、切開が必要のようですが、その内容はどのようなものでしょうか?

A:歯の周りと下顎孔(親知らずのずっと奥にある神経)に局所麻酔をし、第2臼歯の後  ろ1~1.5cmを切開し骨から歯肉を剥がします。骨に埋まってしまっているときは、その骨を削ります。そして2~3個に歯を分割して、それぞれを取り除き洗浄、縫合となります。麻酔の効き具合にもよりますが、効いていれば痛みはそれほどなく済みます。その後腫れることはありますが、そのままにしておくよりも抜いた方が楽になると思います。もし大阪で信頼できる歯科医院をリサーチしているなら、心斎橋駅そばのミント歯科がが申し分ないです。


Q:親知らずを抜いたために噛み合わせが悪くなる事はないでしょうか?

A:放置していて良くなることはありません。痛みが酷い時は、鎮静させて、そのあとに   
抜歯します。年齢がいくほど、骨と歯の癒着ができていたり、体の疾患のために抜歯   
が不可能になってしまう事もあるので、若いうちに処置をしておきたいものです。
ただし、抜歯したことで噛み合わせの不具合が出た、と言う事はなく、反対に、親知らずのせいでの噛み合わせが悪くなる、と言う事は良く知られています。

Q:移植のため、親知らずを使えるという話を聞いたのですが、将来のためにとっておくことはどうでしょうか?

A:うまくいくかどうか、また、どれほど持てば成功と言えるのかは様々な要因があるた   
めに一言では言えないのですが、抜歯後の穴に移植後固定を致します。

これまでの義歯の問題点をインプラントを装備した義歯が補います。ピタッと貼り付き、お手入れの楽な磁力を適用した様式も使えます。
デンタルホワイトニングは歯の外側のエナメル質の汚れ等をじっくり掃除した後で実施しますが、それには自宅でできるホームホワイトニングと歯科医院で受けるオフィスホワイトニングの2つのサービスが選択できます。
きちんとした日常生活を胸に刻み、唾液からの修復作業にもっと拍車をかけるという留意点に注目した上で、ムシ歯の予防措置に集中して熟考する事が好ましいのです。
人工的な歯の剥離が簡単だということは、年齢にともなって変貌する歯や顎関節の様子に合う形で改善ができるということです。
セラミックの施術と言いますが、いろいろな材料や種類などが用意されているので、かかりつけの歯医者とじっくり相談し、自分の歯にとって良い治療法を選択してください。

PMTCで、普通の歯ブラシの歯のブラッシングで取りきれない色素の汚れや、歯石と一緒ではないゴミ、ヤニなどを完璧に除去します。
審美歯科の治療においてこのセラミックを使用する場合には歯冠継続歯の付け替えなどが利用法としてありますが、歯への詰め物としても普通のセラミックを使用することができるようです。
まず始めに、ハミガキ粉無しで細部に至るまで歯ブラシでの歯みがき方法をできるようになってから、仕上げの折に少量の歯みがき粉を使用するとよいのではないでしょうか。
歯の表面を少しだけ削って白く見せる作用をする研磨剤入りの歯みがき剤はなんとなくネガティブなイメージのアイテムですが、再び歯が石灰化するのを促すということはプラスの効能となります。
長い期間歯を使用すると、歯の表面を覆うエナメル質はちょっとずつ傷んで薄くなるので、中に存在する象牙質の色味がだんだん透けるのです。

例えば噛み合わせの不具合の中でも特に前歯がよく当たってしまう状態では、噛みあわせる毎に強いショックが上顎骨の前の方や鼻骨にダイレクトにかかってきます。
虫歯を防止するには歯を磨くのみではほとんど不可能で、核心は虫歯を起こす原因菌を根絶することと虫歯の進展を回避するという2つの要点と言えます。
虫歯の発端はミュータンス菌と名付けられた菌が起こす作用なのです。口のなかにムシ歯菌が出現したら、その虫歯菌を除去するのは極めて難度の高い事なのです。
厄介な歯肉炎が発生すると、毎日の歯みがきの時、リンゴ等をかじりついた時、歯茎から血が出てきたり、歯グキがなんとなくむずむずする等のこういった不快な症状が現れるようになります。
現代ではいろんな世代の人に認められることになったキシリトールの入ったガムの効用によるむし歯の予防も、そういった研究の効果から、作られたということができます。

口中の臭いを何もせず放っておくのは、あなたの周囲への悪い影響はもちろんの事、自分自身の心理状態にもひどいキズになる恐れがあります。
保持は、美容歯科に関する療治が終わって想像以上の結果ではあっても、不精せずに持続させなければ治療前の状態に逆戻りしてしまいます。
仮歯が入ってみると、容姿が自然な感じで、食事や会話などの日常生活においても悩むことがありません。更に仮歯があることで、処置中の歯が傷ついてしまったり、歯列が動いてしまったりすることはないのです。
一般的にインプラントとは、歯肉の内部に在るあご骨に、チタンで作られた人工歯根を埋め込み、そこに人工の歯を設置する治療方法を言います。
口を開け閉めする事による筋肉の緊張を改善し、異常を起こしてしまった顎関節の中を正常にするリハビリを取り入れたり、顎関節が動くのをしなやかにする医学的な動作をやってみましょう。

なくした歯を補う入歯の剥離が可能だというのは、年齢を重ねるにつれて変化を見せる口腔内と顎関節の様態に対応して、メンテナンスが簡単だということです。
反面、糖尿病側から考量すると、歯周病という病によって血糖を抑えることが至難で、そのことから、糖尿病に拍車をかけることを引き起こしてしまう結果になることがあり得るのです。
歯のクリーニングは、歯周病の源である菌の活性化を阻む適切な方法だと、科学で証明され、単に心地よいだけではないという事です。
人間本来の歯の噛み合わせは、十分に噛む事で上顎と下顎の歯がすり減り、それぞれの顎や顎骨のかたちに最適な、自分のためだけの噛み合わせがやっと生まれます。
恥ずかしい話ですが日本は予防においては後進国と言われ、欧米人より、日本人の歯の生存期間が縮まってきています。最もそれは病気の予防全般に取り組む考え方が違うのだと思います。

万が一歯冠継続歯の根元の部分が破損したらそれは歯根破折と言われていますが、もうだめです。その大方の症例の場合、抜歯の処置をする方法しかありません。
プラークコントロールという言葉を聞くと、歯のブラッシングを想像する方の方がほとんどだという感想をもっていますが、ほかにも色々なプラークコントロールの出番があると考えられています。
これまでの入れ歯の難点をインプラントを施した義歯がフォローします。ぴちっと接着し、お手入れの容易な磁力を働かせたモデルも出ています。
審美歯科に懸かる処置は、「悩みの種はいかなることか」「どういう笑顔を手にしたいか」をきっちりと検討することを第一にスタートします。
口内に矯正装置をはめ込み、歯に一律の圧力を連続的にかけ続ける事で人工的に正しい位置に移動し、正常ではない歯並びや噛みあわせなどを修正するのが歯列矯正と呼ばれる治療法です。